芦トロ日記(芦ノ湖レイクトローリング釣行記)

芦ノ湖大好き! レイクトローリング大好きおやじの釣り日記

2021年4月6日釣行

日曜日の雨で服が乾ききらないうちに火曜日にも釣行。


今回はふなっしーと一緒なので前日夕方から芦ノ湖に。
DSC_5900
野崎さん特製の鱒寿司いただきながら談笑。

情報では爆釣してたノザキ前からも魚が一気に減ったそうでいよいよトローリングが本格化しそう。

でも天気予報では朝から北東の強風が吹き荒れるとの事で既に夜中から風による山鳴りが酷かったです。

朝4時に目覚めると・・・寒い!

気温は2℃、あまりの寒さで今年初めてカイロを身体に貼って出船しました。
DSC_5901
北東の風なので元箱根湾は影響を受けず出船は出来ましたが湖尻に向かうと立石湾から先は白波立ちまくり(@_@;)

とても引ける様子ではなかったのでUターンして九頭龍から南下することに・・東岸を進むと直ぐにヒットするもウグイ。

その後も胴切、樹木園、仏ヶ崎と反応は多くアタリますが直ぐに外れてしまうパターンが続きます。

とにかく他は風がモロ当たるのでこのラインしか引けないと箱根園までを行ったり来たり。
20210403-2
箱根園ではチビマスが多く居るようで波で掛かっているのに気付かずそのままなんてことも・・・


昼までは結局チビに弄ばれただけで終了。
DSC_5903

午前中は大物が掛かったら反対の竿を回収しやすいようにハーリングはしませんでしたが午後は使うことに。

昨晩ふなっしーから譲ってもらったハマスペをセット。ハマスペでも針が通常とは違うバージョンでふなっしーの命名で「ハマスペ777」。

するとプリンス沖で直ぐに結果が!
DSC_5909
PM1:30、40cmをわずかに超えるレインボーがヒット。

これで気を良くして続けるとオリ角の方にもヒットしてくるように。

やはり沖目の方がやる気のある魚が多い感じ。

そして3時過ぎ、樹木園を抜けようか、というところでこれまでとは違うしなり方でハーリングにヒット!

竿をホルダーから外してからもラインが出て行きます。沖に転舵しレッドコアを回収しやり取り開始。

何度か突っ込まれましたが無事キャッチできました。
DSC_5915
60cm 3,0キロ
ハマスペ777、ハーリングType6
20210403-1
この後もちょろちょろと釣れましたが大物は来ないまま終了となりました。

これで毎回綱渡りでは有りますが60オーバーは4匹目。

ナナマルゲット目指して頑張ります!


2021年4月4日釣行

この日は日曜日でしたが久しぶりに撮影が無かったので前日の撮影帰宅後から準備して行ってきてしまいました。


天気予報では南西強風の荒れ気味の天気・・・

とりあえず朝は出船出来そうです。

土日しか来ない常連さんとも今年初めてお会いするので談笑しつつ出船しました。
DSC_5886
風の影響を受けにくい百貫からスタート。

どんより曇ってて良い感じです。

そろそろ魚も沖にでてもおかしくない水温になってきましたが今回も朝から苦労しノーピク・・・

それでも7時ぐらいからは湖尻に狙いを絞ってぐるぐる。
20210404-1
七里ヶ浜やキャンプ場は何度通しても気配が無く反対に沖目には魚の反応が出るようになりました。

そして得意の海賊船桟橋~亀ヶ崎ラインを何度目か通した時ようやくレッドコアロッドがミシミシとしなりました。
DSC_5890
AM10:10
62cm 3.0キロ
SRCウィング、20ヤード出し
20210404-2
一匹目が目標のロクマルだったのでホッとしつつこれで沖目に確信が持てたので雨の中続行。

強風の中操船も大変で何時もの船速では流せず3.5km~4km近くになってしまいます。
アタリもさほど多くないまま結果午前は3匹のみで午後の部に突入。

3時を過ぎ、風が治まってくると船速を何時もの2.5kmで流せるようになり、この速度で良い泳ぎをするナカジマミノー6cmサクラ稚魚とオリ角を投入。

すると亀ヶ崎を通す度に交互にヒットするようになりました。

結果納竿までに10数匹が釣れるプチ入れ食いを堪能できました。

亀ヶ崎でも岬のかなり沖で食ってくる感じだったので次回が楽しみです。



2021年3月30日釣行

先週は平日挙式の撮影と春休み中の孫の面倒を見るために芦ノ湖には来れず。



悶々としていると珍しく野崎さんから電話が・・・


「来週なんだけどよ~、スポニチの取材を受けてくれねぇか?」という内容でした。

産まれてこのかた初めての事なのでしたが野崎さんに逆らえるはずもなく承諾。

何質問されるのかなぁ・・・と思ってたら後日記者さんから電話があって一緒に船に乗るとのこと(汗)


「大きいの釣れたら終りにしますので是非宜しくおねがいします!」

と言われプレッシャーMAX。


そして30日当日、お店でご挨拶し準備。この日はエンジン船だけで7艘ほどスタンバイしてて立ちこみの釣り人もめちゃ居ました。
DSC_5876
干上がっていた流れ込みも先日の大雨でようやく回復。

天気はかなり暖かくしかも無風の予報でしたが実際は暖かい風が適度に吹きました。


状況的にはとても良かったのですが最初に選んだ百貫~箒ラインは不発・・

ゴールデンタイムを外せないので対岸に渡って箱根園から北上。樹木園から立石湾に移動しそのまま湖尻に・・


しかし竿はピクリともしてくれません(汗汗汗)

記者さんは女性ですが明るい方なので色々おしゃべりしながら引き続けますが心の中では「こんな日にまさかの〇ウズ?」と焦りが急上昇していきます。

そして9時半を過ぎたところでようやく20ヤード出しの竿にヒット!

竿を記者さんに任せ無事ネットイン!

41.5cmのレインボーでした。


小さいながらも釣れたことに心底ホッとしました。

で、イケスに入れようと蓋を開けたら
DSC_5881
60クラスのぶっといレインボーが先に入ってました(笑)

野崎さんが釣れない状況を見越して仕込んでいたのかな?と思ったけどそんな訳も無く(笑)ただのリリース忘れでした。

その後もアタリはたまーに有るもののヒットせず昼に一旦帰港。

ここで記者さん終わりにするのかな?と思ったらまさかの続行宣言。(この人はただのツリキチなんだということがわかりました・・)

ノザキでカレーをご馳走になり記者さんは野崎さんからフライロッドとMSを借りて再出船。

野崎さんから山のホテル~成蹊の10mラインに大きいのが居たから!とアドバイスを貰ったのですが立ちこみが多すぎて近づけず・・

その後は西岸を中心に攻め犬の墓沖に本日最高の反応が有るもののアタリのみ、ふなっしー特製リメイクウッドベイト赤金に連続アタリがあるもののこれもフッキングせず・・

あっという間に時間が無くなり最後百貫沖でターンをして岬に突っ込むと良い反応が出て野崎さんの竿がしなってヒット!

30cmぐらいのニジマスでしたが2人で大喜びして納竿となりました。
DSC_5882
誰が釣ったかわからないけどニジマスの鉄火丼。ねっとりで美味しかったです。



結果小さいのが2匹しか釣れずそれでも魚を持って~!ニッコリ~!とか言われて写真をパシャパシャ撮られ、それが一番恥ずかしかったです(笑)


昨日までは取材で年間大物更新釣れちゃったらどうしよう?とか夢物語を期待してたんですが往復ビンタ食らった気分です。


来週からは新学期も始まりようやく身軽になるのでタガが外れたように行っちゃうかもしれません(^^ゞ









プロフィール

芦トロおやじ

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Copyright (C) 2013-2020芦トロ日記 All Rights Reserved.
  • ライブドアブログ